「読書感想文(高校生)」コーナー

no1

放課後の音符

読書感想文(高校生)

山田詠美さんの短編恋愛小説
『放課後の音符(キーノート)』をおすすめします。

私が読んだのは二十歳の頃でしたが、
当時とても後悔しました。

なぜ高校生のときにこの本を読まなかったのかと。

もし読んでいたら、
学生時代をもっと大切に過ごしていただろうと。

女子高校生たちの恋愛にまつわる話が中心ですが、
主人公や登場人物がみなそれぞれに魅力があり、
甘いというより苦味の余韻が心地良い小説です。

学生、とくに高校生のかたにぜひ読んで欲しい一冊です。

短編小説で読みやすいので、
読書の苦手なかたにもおすすめします。

フジワラさん 32歳 女性

君は失格じゃない

読書感想文(高校生)

中高生になると落ち込むことが多いと思います。

好きな子に彼(女)がいたり
模試で良い判定が取れなかったり
部活で良い成績が取れなかったり

それで「自分はダメなんじゃないか」
と思うときがあると思います。
(少なくとも僕は何回もありました)

そういう思春期にオススメの本は
太宰治の「人間失格」です。

この本の主人公は、とんでもないダメ人間です。
読み進めていく毎に救いようがなくなります。

自分よりダメな人間を見ると、冷静に周りを見れて、
自分も冷静に見つめ直すことができます。

「なんだ、こんな事で悩んでたのか」
そう思うはず。

僕は大学受験で失敗しましたが、
その時この本を読んで少しは救われました。

常に携帯している本です。

それにこの本だと読書感想文で先生から良い印象を与えられるかも…?

一回読んでみてください。

嫌な気持ちになったら君はまだダメ人間じゃない。

主人公と似てるかも?と思っても絶対主人公よりマシなはず…

リコリスさん 18歳 男性

友情

読書感想文(高校生)

真の友とは、どういうものなのか。

友のことを真剣に考えること、
誠実とはどういうことなのか、
正解のないことに真剣に思いを馳せることは、
きっとあなたの人生を豊かにすると思います。

yiriさん 46歳 男性

1989年のテレビっ子

読書感想文(高校生)

テレビ史を振り返ることができる一冊。

テレビ、特にバラエティ番組に興味がある人は
読めば面白いと思います。

該当世代の人、
そうでない今の若者たち皆に読んで欲しいです。

あと7kmで出口さん 20歳 男性

ページの先頭へ