「新刊(2020年、2021年発行)」コーナー

新刊(2020年、2021年発行)を紹介しているコーナーです。

・・・

★実世界で体験している「現実」

★現実は小説より奇なり

★世界の雑学の知識が豊富になる本

★洋裁本はこれ一冊でいいかも

★「本当にやりたいこと」を見つける

★良質のしゃれた映画を見た時のような読後感

★根拠が証明されている子育て方法

★ネガティブから脱退したい

★最強の開運ツール

★もう一つの世界の歴史

★現代の民話

★公的補助金を凌ぐ資金調達

★この時代に大事なもの、人として変わらない基本

★資産形成について学ぶ一歩

★ダメな私が読んでも疲れない啓発本

★癒されたい方にはぴったりの新しいラブコメ

★思い悩まないために

★現状のソフトウェアの作り方を変えたい

★考えさせられる事実

★コロナを多岐に渡って解説

などなど

・・・

2020年、2021年発行のおすすめの新刊を紹介していただきました。

最新の情報や現在の世の中の様子もわかると思います。

ぜひ参考にしてみてください。

まだまだおすすめの新刊を募集しています。
amazonギフト券300円分プレゼント

くわしくはこちらをクリック

本の買取コーナー

もしも読み終わった本が30冊以上ある場合は
買取イチバンにご連絡ください。

・本を業界トップクラスの高値で買取します!
2020年度買取実績
1冊当たりの平均買取額:113.1円
(2,166点 245,144円)

・売るのは簡単!
ネットで申し込みをして着払いで送るだけ!

・ネットで事前査定もできるので安心です。

くわしくはこちらをクリック

常識の外の世界に気づこう!

新刊(2020年、2021年発行)

「常識」は顔の見えない他人がつくったものである。

常識にとらわれるということは、
アカの他人の考えや行動に意識的または
無意識的に同調することであろう。

日頃から自分自身の目でものごとをとらえ、
判断し、行動しようとする習慣があれば、
大多数の他人と異なる価値観や志向、
生きかたであっても動じることはない。

この本は、私たちが専門家ではない
「シロウト」であっても、「世間の常識」
という同調圧力に立ち向かうことが
できることを教えてくれるものである。

人生は気づいてナンボ!さん 51歳 男性

130の項目で世界ベスト10に入る国を紹介してくれます。

新刊(2020年、2021年発行)

まだ出版されて3カ月かそこらの新刊です。

生活に役立つ、、かどうかは不明ですが、
世界の雑学の知識が豊富になる本です。

地球の歩き方は個人旅行には必需品で
もう相当数本棚に積み重なってます。。

ガイドブックなので
数年で新しくなるし10年20年前の本なぞ役には
全く立たないので単なる思い出の品ですが、、
海外に行かれる方なら地球の歩き方に馴染みがある
方も多いのではないでしょうか?

今の世の中、興味をもったり不明な事はネットで
検索すればすぐに判明する事ばかりなので、
わざわざこの本を読まなくても、、ですが、、

『肥満率の高い国』→肥満大国ってアメリカでしょ?

アメリカはベスト10にも入ってません。

ナウルが一番→ナウルで何故肥満が多いか写真付きで細説。

へ~そうなんだ~という感じで、
とても面白い本だと思います。

豆知識というスペースに凄い小さい字で
説明書きが大量にあるし、メモ書きみたいな文字も~
この本を隅から隅まで読破するのは、、
何か月もかかりそうです。

ガイドブックの編集者が書かれた本だけあって
旅行、自然、社会部門が写真豊富で次行く国の
参考になる、というか旅情を誘う効果も
あるような本だと思います。

さくら咲くさん 45歳 女性

未来を考える

新刊(2020年、2021年発行)

YouTubeで紹介されているのを見て読みました。

作者は「自己理解」「自分探し」が好きで、
様々な本を読んだりやセミナーに参加している方です。

「やりたいこと」探しを妨げる5つの間違いや、
なぜ「やりたいこと」が見つからず迷ってしまうのか
などから始まり、「本当にやりたいこと」を見つけるには、

1.自分にとって大事なこと「価値観」

2.得意なこと(無意識にしてしまう頭と心のクセ)

3.好きなこと

の順番に決めていくといいと書かれています。

なぜこの順番なのかは、
分かり易く説得力があると思います。

この3つが曖昧な人のために、
それぞれ100の例(リスト)も巻末に挙げられています。

読み終わった後、自分でこれらを紙に書き出したり、
リストアップしたものをまとめたりすると、
より今後の人生での方向性が具体的に見えてきそうです。

みーちゃんさん 52歳 男性

コロナ禍だからこそ、出会いを大切にしたい

新刊(2020年、2021年発行)

この書籍は、NHK BS1放送の
鉄道ドキュメンタリー番組、沁みる夜汽車、
書籍化第2弾です。2020年11月発行。

第1弾がとても素晴らしい内容で、
こちらも新刊本で購入しました。

電車内で起こる様々な、出会いという、
偶然が起こすかけがえのないエピソードが満載です。

登場する、実在の一般的な方々の、
人生をも関わり、変えるような出会いばかりです。

これは本当に実話なんだろうか。
と疑うくらい、胸にじんわり染み渡るのです。

現実は小説より奇なり。
まさにこの言葉が当てはまります。

毎日のように出版されている、
小説の中の数多の物語が太刀打ち出来ない、
リアルな胸を打つエピソードが、この本にはあります。

コロナ禍で人との距離が出来ている今だからこそ、
ささいな出会いでも大切にしたいと思わせる、
珠玉の実話の数々です。

雪見酒さん 48歳 女性

齢もアラフィフとなり、持病により、長年闘病生活をし、
今は全く他の職種で働いている、元看護師です。

持病が元で、長年の生きがいだった看護師には
戻れなくなりましたが、今の仕事も社会を支える上で
大切なもので、挫折を乗り越え、楽しみながら働いています。

今もつべき知識

新刊(2020年、2021年発行)

温暖化は私達がつくり、そして
私達が実世界で体験している「現実」です。

辛辣な言い方ですが、
今も私達の経済活動で世界のどこかの
生物が死んでいるかもしれません。

経済成長と環境保護を両立して生きるには
どうすればよいか。

本書はその答えを水素の中から見出しています。

今読み、今知るべき情報がここにあります。

カントさん 33歳 男性

アレンジ自在のパターンです

新刊(2020年、2021年発行)

洋裁が趣味ですが,なかなか好みの
パターンを見つけることができませんでした。

今回,こちらの本を購入して襟ぐり,
袖の形など自分の好きな形を選ぶことができて
お気に入りの服をたくさん作っています。

洋裁本はこれ一冊でいいかも,と思うほどです!

ひつじさん 46歳 女性

力強い言葉から勇気をもらう

新刊(2020年、2021年発行)

訃報に触れて、気になっていたところ、
ネットでこの本を知りました。

作詞家、小説家、CDのプロデューサーなど、
幅広い分野で才能を発揮していたので、
なかにし礼という人物に魅力を感じていました。

この本を読んで、
一番印象に残ったのは、なかにし礼さんは、
はっきりとした平和への考えを持ち、
生きて、活動していたということです。

五輪を前にして、なしくずしの政治に
失望していましたが、自分の考えをしっかりと持ち、
生活していかないといけないと、勇気が出ました。

昌弘さん 75歳 男性

平安女子との出逢い!楽しいです

新刊(2020年、2021年発行)

2ヶ月ぐらい前だったか、
友達と雑談をしている中で紹介された本。

軽やかで、楽しい本でした。

イタリア人なのに、日本の古典に
ハマるなんて、それだけで尊敬モノです。

外国人の目で平安時代の女子をみると
どうなるのか、現代風のピタッとくる言葉で
語られ、おもしろくてあっという間に
読んでしまいます。

堅苦しくなく、デタラメでもなく、
視点がユニークでよかったです。

『和泉式部日記』、『更級日記』『蜻蛉日記』
『伊勢物語』などが紹介されています。

さっそく『和泉式部日記』を手に取ってみたくなりました。

北嶋寧子さん 61歳 女性

マンガで分かり易いと思います。

新刊(2020年、2021年発行)

漫画家の筆者がコロナを多岐に渡って解説して
いる作品です。

今、ホントに沢山のコロナ論が論じられていて
何が正しいのか実にちんぷんかんぷん、、ですが
この本で『ああ、一理あるな』と思う箇所が
いくつもありました。

勿論、書いてあることが全部正しいかどうかは
私には判りませんし、読者次第だとは思います
がとても参考になる本だと思います。

中でも『スウェーデンは成功している』、、

正直、死者も多数出ていてニュースから
判断したらもっと対策しといた方が良かった
かのような印象を持っていたのですが、
こういう見解もあるかと考えさせられました。

コロナに関する話なので重くない訳でもない
ですが、マンガでさらっと読めると思います。

さくら咲くさん 45歳 女性

駆け出し商人Lv.1から出来る、新たな資金調達法

新刊(2020年、2021年発行)

クラウドファンディングで
寄付金を募る方法について、
実例を交え紹介している。

商いの素人でも、アイデア次第
では公的補助金を凌ぐ資金調達
が可。御礼の品も考えよう。

颯-Ryou-さん 33歳 男性
読破千冊/4年・泳続1万M/4hr、
十八番はディズニーソングです。

大切な人と出逢う本

新刊(2020年、2021年発行)

ちょうど10年前、
2011年にモレスキン手帳と出合いました。

職場の近くの書店の入り口付近に
「モレスキン手帳」コーナーがあったのです。

罫線だけのシンプルな手帳が3,000円以上という
いいお値段だったので、購入を迷いましたが、
なぜか惹かれるものがあり、思い切って購入しました。

それからずっと日記帳として使っています。

今回この本を読むきっかけはタイトル80%、
しばらく今時の海外小説を読んでいないな
という気持ち20%ぐらいでした。

美容院での待ち時間に雑誌でタイトルをチラッと
見て、頭の片隅に残っていました。

気になっていたので購入して読んでみると、
良質のしゃれた映画を見た時のような読後感でした。

人との出逢いがITやオンラインではなく、
リアルであること、不思議な縁であること、
それを信じることが、むしろ現代では
新しいと感じました。

休日や、一人のゆったりした時間に、
お茶など飲みながらお楽しみいただけると思います。

sukoさん 60歳 女性

考えさせられる。しかし事実。

新刊(2020年、2021年発行)

大学で教員をしています。
日々多くの大学生を指導しています。

コロナ禍の今、学費の支払いにとどまらず
生活に困窮する学生が増えています。

学校に来れなくなった学生、休みがちな学生には
連絡を取るようにしています。

一方、学校に通えている学生には
あまり多く触れていないのが現状でした。

本書より、自らの身体を売ることで
学校に通うことができている学生の存在を
認識します。

教員のみならず、社会に生きるすべての人々が若者、
そして性について見つめるべき時期がきていると思います。

この本はその重要性を謳っています。

大学教授さん 33歳 男性

真実は裏からでないと見えない

新刊(2020年、2021年発行)

今のコロナウイルスをめぐる世界の混乱を
あなたはどう見ているだろうか?

この騒動の裏側にある何者かの意図を、
あなたも感じているのではないだろうか。

歴史とは勝者の紡いだ物語だ。

だとするならば、我々の学んできた歴史が
真実だとどうして言い切れるだろうか。

登録者125万人越えの都市伝説系YouTuberの
ウマヅラビデオが、もう一つの世界の歴史を語る。

この世が支配する側と支配される側に
分けられていることは、疑いようのない事実だ。

我々が信じ込まされている情報の真偽を
見極める目を持つには、常識とされている
事柄を根底から疑ってみる必要がある。

そのための材料の一つにこの本はなってくれるだろう。

抜け作さん 48歳 男性

レガシーなソフトウェアの作り方を変えるには…

新刊(2020年、2021年発行)

モノリスとは一枚岩を意味することばです。

モノリシックなソフトウェアとは、
巨大な一固まりの泥団子のようなものです。

レガシー(時代遅れ)なソフトウェアは、
モノリシックなソフトウェアになっています。

これはレガシーなソフトウェアの作り方が
原因であると言えます。

本書には、レガシーなソフトウェアの作り方を
変えるための具体的なヒントがたくさんあります。

現状のソフトウェアの作り方を変えたいと
願っている人にお薦めします。

ジーゲルさん 66歳 男性

思い悩まないために

新刊(2020年、2021年発行)

同じ樺沢紫苑さんの「3つの幸福」も読みましたが、
この本の方が読みやすくためになりました。

短期的な苦しみでは心の葛藤は少ないですが、
いつ終わるか解らないような心の病の苦しみでは、
当の本人は思い悩むもの。

早く治したい、出来ることは何でも試したい等、
当然焦りも出てきます。

しかし、この本に書かれているように、
治っていく過程がある程度解っていれば
心の持ち方も過度に不安になることもなく、
現状を受け入れられると思いました。

みーちゃんさん 52歳 男性

あまあまラブコメ

新刊(2020年、2021年発行)

とある会社の後輩思いな先輩と、
新人社員の後輩との、たまにキュンとする
ありふれたラブコメ…

ではなく、ストーリー全てが甘々な、
癒されたい方にはぴったりの新しいラブコメです。

自分は今までこんなの読んだこと無かった。

先輩がしばしばデフォルメで描かれる時の猫感も
かわいいし、面白くてノリのいい変な主任や、
笑える要素もたくさん!

どあさん 17歳 女性

ちょっとダメな私が読んでも疲れない啓発本

新刊(2020年、2021年発行)

啓発本と書いてしまいましたが、そこまで
モチベーションが高くない私でも気軽に読める本です。

また何よりもおすすめのポイントはいわゆる啓発本の場合、
読んだ後にかえって疲れてしまう場合もありますが、
こちらはそんなことはありませんでした。

読む人の立場にもよるので、絶対的な基準はありませんが、
私としてはこの本の内容なら、私もできるかも、、、
と思えた身の丈に合った内容でした。

また、こまかな工夫の積み重ねの大切さも
実感できる内容でほっとしました。

tomさん 50歳 女性

会社に縛られず、自由に生きる方法

新刊(2020年、2021年発行)

父親が娘に、手紙を書くつもりで、
経済的自由を手に入れる方法について伝えています。

年金が少なく、雇用も不安定な時代に、
大切な投資について知ることができる本です。

初心者にも読みやすく、分かりやすい内容です。

資産形成について学ぶ一歩になりました。

エリーさん 33歳 女性

あなたを救う最強の言霊

新刊(2020年、2021年発行)

本のタイトルである
「とほかみえみため」とは何だろうか?

古神道において大切にされてきた祝詞の一節である。

自分という存在が何者であるのかという秘密が、
この言葉には込められている。

困った時の神頼みをするよりも、
この言霊を日々大事にした方が、
はるかに意味のあることだろう。

そのことを著者である大野靖志さんは、
非常に分かりやすく噛み砕いて教えてくれる。

この世のどんな法則よりも、
「とほかみえみため」こそが最強の開運ツールで
あることを日本人なら学んでおきたい。

抜け作さん 47歳 男性

根拠が証明されている子育て方法が分かる!!

新刊(2020年、2021年発行)

初めての子育て、2回目・3回目の子育て…

子育ての方法はこれで合っているのだろうかと
不安な気持ちで子育てをしているお母さんは
とても多いはず。

子供が寝ている間についつい
スマートフォンやPCで検索魔に
なっていることも多々あります。

自分自身もそうでしたが、根拠が明らかに
なっている子育て方法が紹介されているため、
自分自身も納得しながら紹介されている
子育て方法を取り入れることができます。

初めての子育てのお母さんも、
何度目かのお母さんも1度読んでみると
子育ての方法を学ぶことができますよ。

miyumiyuさん 38歳 女性

熱く、まっすぐな生き方は、むしろ新しい。

新刊(2020年、2021年発行)

ふだん物静かな友達からプレゼントされた本です。

友達の雰囲気と応援団では、
イメージが結びつきませんでした。

しかし、
共通しているのは、純粋さ、粘り強さ、
妥協のないまっすぐさでした。

2011年の東日本大震災は、
茨城県の実家も被災しました。

東北地方、仙台は大きな被害にあいました。

本の内容は、どちらかというと、昭和の匂いの
する仙台の高校の青春から始まりますが、
今、この時代に大事なもの、人として
変わらない基本がしっかりと描かれて感動します。

知らず知らずのうちに涙していました。

母は入院中に、この本を読んで、まるで
近くに青空応援団が来てくれたみたいに感じて、
げらげら笑っていました。

むつかしいことはなし。

応援し、応援されること。

世の中がよくなるとは、
そういうことなのではないか?
と素直に思いました。

日常生活でのややこしい理屈や損得や
情報に振り回されずに、ぜひご一読ください。

sukoさん 60歳 女性

これまで引き寄せがうまく行かなかった方へ

新刊(2020年、2021年発行)

自己啓発、引き寄せの法則、
最近よく聞く事だと思います。

数々の引き寄せの本を読みましたが
良く理解できなかったり難しかったり、
わかってきてはいても今回もダメだった
等という方は少なくないと思います。

私もそうでした。

ですが、こちらの著者さんの本は
分かりやすいので中々変われなかったですが
変わってきました。

物事を見る目が変わってきたのでプラスに
考えれるようになりましたし毎日が楽しくなりました。

こちらの本は、著者さんの最新作です。

変わりたいのに変われない、
ネガティブから脱退したい方、
是非読んでみて下さい。

オススメです。

chataska5034さん 45歳 女性

現代の民話

新刊(2020年、2021年発行)

栗林佐知さんの
『仙童たち 天狗さらいとその予後について』
という小説をお勧めしたい。

物語は4人の少年少女が遭難するところから始まる。

4人それぞれは、それぞれの仕方で、
遭難に関係する天狗「タマヨケ坊」と関係していく。

4人のその後の時間が美しく交差しつつ、
4人は別々の道を歩んでいくのであるが、
小説の最後には4人にとってのちょっとした
ドラマが展開されることになる。

物語のベースには、著者の文化人類学の蓄積があり、
道祖神信仰や日本の近代史への関連が多く垣間見られる。

昭和中期に始まった宅地開発や、
それに伴う社会構造や人間の心性の変化が
丁寧に描かれた本作は、どこか懐かしく、
どこか不思議な物語である。

ポンさん 39歳 女性

ページの先頭へ