「趣味の本」コーナー

趣味に関するおすすめ本を紹介しているコーナーです。

★なにか新しい楽しみや趣味を探している方

★趣味をもっと楽しみたい方

★趣味やスポーツをもっと上達したい方

などなど

趣味を見つけたり、楽しんだりしたい方に
おすすめの本を紹介しています。

本から趣味にハマるなんてこともあるかもしれません。

ぜひあなたの趣味のおすすめ本も教えてください。
amazonギフト券300円分プレゼント

くわしくはこちらをクリック

本の買取コーナー

もしも読み終わった本が30冊以上ある場合は
買取イチバンにご連絡ください。

・本を業界トップクラスの高値で買取します!
2019年度買取実績
1冊当たりの平均買取額:139.8円
(1,493点 208,772円)

・売るのは簡単!
ネットで申し込みをして着払いで送るだけ!

・ネットで事前査定もできるので安心です。

くわしくはこちらをクリック

森林浴で深呼吸しよう。

趣味の本

森林浴で心身共にリフレッシュ(休息)する
時間を日常的に少しでもとりましょう。

ウォーキング(散歩)と森林の空気を取り入れながら
心身の健康の維持と予防は誰でも出来る良い健康法です。

この本では森林浴の効果が紹介されていて
本のタイトルにあるフィトンチッドという
森林(樹木)から分泌されている物質で主に樹木や
植物、生物、人間には還元作用
(心身の健康の質を良くしてくれる)があります。

逆に樹木、植物、動物、人間に害を及ぼす作用を
柔らげてくれたり退治してくれる(非常に強い抗菌作用)
もあるのです。

簡単な紹介ですが
これが森林浴が良いと言われる所以です。

内容は優しく誰でも読める様に
作られていますのでお勧めです。

もっと森林浴を科学的に知りたい方は、
『植物の不思議な力=フィトンチッド
―微生物を殺す樹木の謎をさぐる 』
を参考にしてみて下さい。

本大好きっ子さん 21歳 男性

吉荒夕記

趣味の本

世界で名を轟かせてる正体不明の
ストリートアーティスト、バンクシー。

バンクシーは果たして何者なのか?

複数人いるという説もあるのだそう。

その謎めいた存在とストリート街に
突如描かれた作品が私達の関心を更にそそる。

過去の作品から正体を紐解き、
あらゆる角度から考察する。

筆者の視点から私は更にバンクシーが
遠い存在に感じ作品の見方が変わる。

それはバンクシーのみならず
芸術を楽しむ上で欠かせない一冊。

芸術は創作した本人にしか分からない思いが
込められていて、第三者がどう捉えるのか
様々な答えが存在するだろう。

そこに正解は無くましてや作者さえも
思いが変わってしまうものなのかも知れない。

Crazy crazy crazy manaminさん 22歳 女性

全てをゴルフに捧げてはいけない、という逆説⁈

趣味の本

かれこれ30年、趣味とは言え
ついつい人生に置き換えて考えてしまう
ゴルフというスポーツ、、、。

「ゴルフの気まぐれを愛せれば 良い成果が得られる」
そのゴルフ哲学から派生する我が身の様々な姿を 
ゲームに投影する楽しさ苦しさ。

他では知り合えないような友人知人との繋がりを
財産とし、真剣に取り組むゆえの悩み、
そんな事も微笑ましい思い出と共に月日は流れます。

Rinさん 58歳 女性

毛糸店が舞台の小説

趣味の本

手編みや毛糸店にスポットを当てた
小説やエッセイが少ない中、この本は
毛糸店を営むシングルマザーが主役。

毛糸店に集まる人たちとのドラマが広がる。

そして、編物をするにあたっての
「編み物の心得10ヶ条」や
「ダーウィンが初めて編んだマフラー」
「マフィン」のレシピまで掲載されており楽しい。

hironoさん 女性

好きなことを続ける難しさ

趣味の本

私の青春はバトントワリング!
8歳から20歳までレッスンに通っていました。

大学生活の忙しさを建前にもう自分は
バトントワラーとして伸びることはなかなか無いと
判断し現役を引退しました。

バトントワリングから離れて5年。

現役時代、憧れだった稲垣正司さんが本を出版された。

バトンを始めたきっかけ、今までの苦労や
バトンの楽しさなど盛りだくさんな内容。

またバトンをやってみようかなと思わせてくれました。

がっこのせんせーさん 28歳 女性

字をキレイに書きたい人に

趣味の本

最近ペン字練習の本を見かけるようになり、
自分の字を直したいと思うようになりました。

自分にとって、
この本の字体が理想の字体だったので、
楽しみつつ書写に取り組んでます。

やさしい言葉で説明してあるので、
こどもでもストレスなく続けられると思います。

この本を通してから、意識して字を書くようになり、
周りの人からほめられるようになりました。

自分の字を見直すキッカケになる一冊だと思います。

ノリさん 20歳 女性

切りのない切手収集

趣味の本

こどもの頃から切手は収集しましたが、
母が引越しの度に処分してしまい、
いつとはなしに中断していましたが、

中年を過ぎてから再燃し、
eBayで世界中の切手を好き放題買いました。

その前は郵趣サービスに問い合わせ入手して貰いました。

フィラメイトは郵趣サービスが発行している雑誌です。
(切手の愛好家はご存じだと思いますが)

「切手で旅するヨーロッパ」は
少し少女趣味ですが愛らしい切手が沢山掲載されています。

今は身辺整理を始めたので、切手ではがきを作り、
毎日病気の友人や母に送っています。

ご参考になれば幸いです。

ろみさん 63歳 女性

雑誌 フィラメイト

民が神になる日本語の叡智

趣味の本

古神道と言霊の叡智を活用して、
自由自在に現実を創造していく方法を記した書です。

聞くだけでお祓いをしてくれるCD付きなのがありがたい。

今では、毎日お祓いをするのが趣味に…。

古くから伝わる秘密の情報が公開されていて、
信じる信じないは読む人の感性に任されますが、
日本人であれば何かを感じるはず。

とある力士はこの本を何十回も読んで、
ついに〇〇になったらしいですよ。

抜け作さん 44歳 男性

チョークアートに興味のある方へ

趣味の本

東京をベースに世界中のカフェやお店の黒板に、
チョークで素晴らしいアートを描いている
チョークボーイさんのHow to本です。

チョークアートに興味はあるが、
どのようにしたら上手くかけるのかわからない、
そんな方にオススメです。

実際僕は絵が下手で、数字やアルファベットすら
チョークで上手く書くことができませんでした。

けれど、この本に書かれているやり方を
少しずつやっていったら、次第に自分でも
上手くなっていると実感できました。

やってみるとほんの些細なコツや、
チョークならではの見せ方などが
わかりやすく書いてあるので、
初心者には良い教本だと思います。

Jackさん 33歳 男性

私にとっての“小説”の原点

趣味の本

自分がご飯を食べたかすら忘れる“迷”探偵が
次々と様々な事件を解決する物語。

この物語の主人公である亜衣は、
文芸部で小説を書くのが好きな女の子。

私の趣味である小説を書くというのは、
この小説がきっかけになりました。

元々、色んな物語を考える事が好きだったのですが、
この小説を読んで、「あっ、私も考えた物語を文字にしてみよう!」
と思ったんです。

それ以来、小説を書くというのは
私にとって一番大きな趣味になりました。

私にとっての原点であるこの本を、是非。

みぃるさん 18歳 女性

料理が好きになる1冊

趣味の本

和食、洋食、中華、スイーツのレシピが紹介されています。

それらの代表的な料理が記載されており、
わかりやすい調理方法が書かれています。

調味料も自宅にあるもので作ることができます。

料理が苦手な人も本にそってつくれば
おいしい料理を作ることができます。

料理が好きになる1冊だと思います。

miyumiymさん 34歳 女性

正しい知識と方法で健康維持

趣味の本

日本を筆頭に高齢化が進んでいるが、
健康寿命をいかに伸ばしていくかが大事。

そのためには、
健康維持や改善のために正しい知識と方法を知り、
無理なく日々継続していくか。

本書は、そのための情報が満載の健康ハウツウ本。

そばに置き、必要なときに見て学ぶ
健康のための常備必携本。

中高年だけでなく、若い人にも読んでほしい本。

YUKIさん 58歳 男性

初心者用メンズ着こなしマンガ

趣味の本

どんなにオシャレに疎い社会人、大学生男子でも
これで東京の街を胸張って歩けるはずです

私も、タンスの上から出て来た服を順番に着てたぐらい
オシャレに疎い理系男子でした。
(今もたまにそうです)

この本を読んだらメンズファッションの基本的な理論が
一発で分かりました。

なんであの人がオシャレで自分はそうでないのか。

ファッションに苦手意識を持っていても、
なんだ、案外簡単なんだって思えました。

(ただし、無難にキメるファッションについてなので、
これを見てもファッションショーに出てる人みたいに
なれる訳じゃありませんが、、)

しかも、漫画なので面白くて読みやすいです。
是非、オシャレに苦手意識がある人にオススメです

ひょうさん 24歳 男性

誰かが部屋の中で、後ろにいるような…

趣味の本

自分のお小遣いで、初めて買った漫画。

家が厳しく、漫画を買うことは禁止されていた…。
この本をボロボロになるまで読み、今でも実家の片隅に置いてある。

学校という場。そこで起こる心霊現象。
突飛な話の筋ではなかったため、もしかして、
そういうこともアルのかもしれない
というリアリティが、小学生の自分には感じられた。

本当に信じるか否かは別として、科学では解けない現象が、
この世界にはあるのかもしれないという感覚。
科学だけが全てではないのではないか、
ということを、この本から学んだ。

今でも心霊科学は単なる趣味ではあるが、
その趣味を始めさせる契機となった1冊。

鬼型 礼さん 43歳 男性

ページの先頭へ