「宗教」コーナー

no1

宗教の枠にとらわれずに一度は読んでみてほしい本です!

宗教

「次の日のことを思い煩わない」、

黄金律として知られている
「自分にしてほしいことを人にもするように」

というイエスの言葉は
私がいつも心にかけている言葉です。

これらの言葉のおかげで
他の人との関係が順調な時も緊張する時もどう接し、
何を話せば良いのか答えを出せている気がします。

暮らしに役立つヒントだけでなく、
世界の美術、文学、音楽にも大きな影響を与えてきた
世界のベストセラー聖書をぜひ一度は手に取ってみてください!

ひつじさん 44歳 女性

愛らしい神様たちのものがたり

宗教

天も地も空間さえもないところから、
天地が開かれ、日本という国が生まれ、
初代天皇・神武天皇が誕生するまでの物語が
愛らしいまんがでわかりやすく描かれています。

神様がたくさん登場しますが、
皆どこか“人間らしさ”があって、愛着がわいてきます。
くすっとさせられたり、うるっときたり…
時にはなんでやねん!と笑ってつっこみたくなる展開も。

物語の途中には「天岩戸神話」、「因幡の白兎」、
「ヤマタノオロチ退治」など名場面が多数あります。
これらの内容を知っている方はもちろん、
知らない方も楽しめること間違いなし!

また、登場する神様にゆかりのある神社や、
その場面にゆかりの土地も随所に書かれているので、
国内のお出かけももっと楽しくなりますよ。

もちぱんださん 28歳 女性

歎異抄

宗教

この本を最初に読んだのは大学生のときでした。
それから数十年経った今でも時々手にする本です。

小冊子ではありますが、
この本によって浄土真宗の核心を知ると同時に、
本来の信仰心のありかたについて深く考えさせられました。

MNさん 60歳 男性

新聖書ハンドブック

宗教

ヘンリー・H・ハーレイが書いた聖書の解説書。

聖書に書かれている歴史背景や聖句の意味を
深く知ることが出来た。

聖書の成り立ち、考古学などの知識を得ることができ、
聖書と共に読み進めると多くの知識を得ることができます。

聖書に興味があるけど難しそうと思う人にお勧めしたい一冊です。

Happyさん 59歳 女性

自然の流れに身をまかせる

宗教

禅の世界は広く深い
ひたすらに、終わりがない

随流去と言う言葉は、
「(山を抜けるためには)流れに随(そ)って去(ゆ)きなさい」
というだけの意味である

水が上から下に流れるように、
逆らうことなく歩を進めれば、
いつか里へも着くことだろう

なんということのない真理ではあるが、
単純こそ会得できないものである

流れに流されるだけにはならぬよう気を付けながらも、
たどり着きたいその場所までゆるやかに流れていきたい

柊さん 43歳 男性

ページの先頭へ