「哲学」コーナー

本の買取コーナー

もしも読み終わった本が30冊以上ある場合は
買取イチバンにご連絡ください。

・本を業界トップクラスの高値で買取します!
2019年度買取実績
1冊当たりの平均買取額:139.8円
(1,493点 208,772円)

・売るのは簡単!
ネットで申し込みをして着払いで送るだけ!

・ネットで事前査定もできるので安心です。

くわしくはこちらをクリック

人間の愚かさはどの時代も変わらず

哲学

ローマ法の権威である大学教授が、中高生に向けて
「法とは何か」を説いた講義の記録です。

中高生に語りかける口調で書いてあるせいか、
読み口は柔らかいのですが、テーマがテーマだけに
難しいといえば難しい。

それでも知的好奇心が満たされるような
ワクワク感を持って完読しました。

興味深いのは、
事例として取り上げた題材の幅広さ。

ギリシャ悲劇から近松戯曲、
ヴィットリオ・デ・シーカの『自転車泥棒』や
現代日本の判例まで、幅広く取り上げています。

事例に通底するのは、人間の愚かさ。

当たり前なんですが、
何千年も前に生きていた人たちも
これまた現代を生きる私たちと同じ人間。

生活スタイルによる価値観の変化は
避けられようもないことなのかもしれませんが、
権力を持った人間の暴走し具合などは、
古代ギリシャの時代から変わらないんだな、
とある種諦めが付きます。

一方で、そこから人間を守るものが法律なんだ、
という希望を持つこともできます。

ここからは個人的な意見になりますが、
「法」と言うのは、人間の愚かさによる
暴走からいかに個人を守るか、考えに考え、
煮詰め切ったものがエッセンス・原理原則として
収斂結晶したようなものだと思います。

時代の要請により変える必要性が出てくることは
あるのかもしれませんが、先人からの智慧の結晶を
変えることの重みは、自覚せねばならないな、
と思わされました。

sluníčkoさん 45歳 女性

小学生から読める!

哲学

この本は哲学思想であるイデア論や数理学では有名な
シュレディンガーの猫などについて筆者が
小学生にでも分かるように噛み砕き、
それが会話形式の文章で書かれています。

理論の厳密性にはあまりこだわっておらず、

「完全な三角形を想像することはできても
実際にはそんなもの無いでしょ?」(イデア論導入)

というように話が進められていきます。

そのため詳しい知識が無くても無理なく楽しく読めます。

しろたんさん 19歳 男性

さようなら、ドラえもん子どものためのテツガク教室

哲学

哲学に興味があって中島義道さんの哲学の本を
数刷読んでいた時の一冊です。

子どもためと書いてある通りに難解な言い回しや、
難しい漢字を使わないで本当に子どもでも読める本です。

大人で哲学に少し興味がある人にも
哲学の本当に最初の入門書としていいと思います。

青木正人さん 29歳 男性

荘子

哲学

私は古典哲学としては、荘子が一番好きです。

老子より、孔子より、アリストテレスより、荘子です!

なぜなら、荘子が豊かで、
自由自在で、ユーモアと心の大きさがあって、
押しつけがないところが素晴らしいと思うからです。

「明鏡止水」「万物斉同」「無用の用」「胡蝶の夢」など、
現代まで大きな影響を与えている言葉も多く、
本当に「読んで損はない」作品だと思います。

ハラシムさん 39歳 女性

箴言と考察

哲学

生真面目な方には読みにくいかもしれないが、
時代が変わっても人の言動の根底には「自己愛」
がある事に気がつかせてくれる本である。

机上論ではなくロシェフコー自身の実体験に
基づいているので説得力がある。

ゆっちゃん67さん 67歳 男性

カント 啓蒙とは何か

哲学

冷静な哲学者カントが熱く語る、
理性的な大人になるための処方箋。

転ぶことはあっても、自分の精神を鍛え、
自分の頭で考える人間になることを
恐れずに進むことを説く。

ハッとさせられる言葉がたくさんある。

JJ 32歳 男性

ページの先頭へ