「歴史」コーナー

no1

忘れられた偉人・小栗上野介

歴史

本年は明治維新140周年ということで、
大河ドラマ「四郷どん」が放映され、土佐では
「維新博」が開催され坂本龍馬関連施設は大賑わいの様子。

一般的には
「制度疲労を起こしていた徳川幕府を、地方の
草莽の志士たちが打倒し、明治維新という偉業を成し遂げた」
と評価されていますが、

では幕府側には勝海舟以外に人物はいなかったのか?

いや、幕末最大の人物は幕府側にいた。

それがこの本の主人公である小栗上野介です。

明治新政府がおこなったことの全てが
小栗が考えていたことだと言われ、横須賀に造った
ドックのおかげで日本は日露戦争に勝利することが出来た。

これだけでも小栗の偉大さが解ろうというもの。

ではなぜ歴史に登場しないのか?
(間違っても大河ドラマの主人公に採り上げられる事はない)

それはこの本を読んでみてください。

新井さん 50歳 男性

天災から日本史を読みなおす

歴史

2011年3月11日、東日本大震災が起こり
多くの尊い人名が失なわれてしまいました。

しかし、これ以前にも大規模な地震、津波が起きました。

その震災を生き延びた先人の知恵から別の角度でみる
もうひとつの日本史を学ぶことはできます。

とんきちさん

ページの先頭へ