失敗ばかり、負け続きの人におすすめ。

被差別部落出身の作家、中上健次が
自身の出身地を出発点として紀伊半島内にある、
かつて被差別部落と称された各地を巡ったルポルタージュである。

中上健次は文中にて紀伊半島を、
「まさに神武以来の敗れ続けてきた闇に沈んだ国」
と称している。

この一文はいわゆる自虐ではなく
中上健次が得意とした劣等の高尚化、神聖化の意味が含まれている。

この本は現代に辛く生きる人の心情に激烈な刺激を与える作品である。

isyuさん 23歳 男性 和歌山出身 
https://www.facebook.com/profile.php?id=100013243037898